今日は、小学校の遠足。

持って行く荷物、子ども達は今朝準備しました。

 

昨日の夜、「準備いつするの?」と長女に聞くと、

「明日の朝の準備で大丈夫。ママさんは、お弁当とお茶だけ、お願いします。」 

と返ってきました。

 

私としては、安心しておきたいから、前日に揃えておいて欲しい。

だって、当日の朝になって、弁当作ってる途中に「○○はどこ~?」って聞かれたりしたら、

イラッとする。

「だったら、前の晩に準備してよー」って。

 

でも、前日に準備してほしいのは、私の考えであって、長女の考えではないわけで…。

 

長女の考えは、

  ・これまで何回も遠足に行ってる

  ・連絡帳でも確認して、持って行く物が分かってる

  ・持って行く物が置いてある場所も分かってる

と、頭の中で考えて、朝の準備で間に合うと予想したと思う。

 

子どもの考えたこと、まずは尊重。

自分で考えて、自分で行動して、自分で省みる。

何回も繰り返して、自立していくんだろうな。

 

親の先回り、思っているほど多くなかったりします。

 

今朝、黙って見守っていたら、私にモノの場所を聞くことなく、準備終えてました。

「準備できたね」と、子どもの行動を肯定しましたが、

1つだけ「物の状態は早めに確認しておいた方がいいよ」とは伝えました。

 

だって、身長伸びて、ジャージの裾がつんつるてん。

まぁ、そこまでひどくはなかったから、

「こういう丈のジャージに見えなくもないね」と長女に言うと、

「うん、そうじゃね、大丈夫よ」って。

 

どうにかなるもんです。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事