前回のブログは、

「サ行で言う褒め言葉」

を書きました。

 

 Blog 褒め言葉 ~ さ・し・す・せ・そ ~

 

「すごい!」などの単語だけでもいいですが、

褒めている内容を具体的に付け加えると、

もっとお子さんに伝わりやすくなります。

 

その時に、大切なのは、

結果よりも、途中の段階での褒めを重視!

 

結果を褒めようと思って待っていたら、

結果が出るまで時間がかかって、

イライラして結局褒めれなかった…、

ということにもなりかねません。

 

 

宿題を始めるといっても、

 

ランドセルから宿題を出す

  ↓

席に座る

  ↓

宿題を始める

 

と宿題をしたくない子どもにとっては、

いくつものハードルがあります。

 

ここは、「宿題をしようとするお子さんの気持ち」を

褒めてみましょう。

「ランドセルから宿題出せたね、すごいね」

といった感じです。

 

ランドセルから宿題出しただけで、

席に座っただけで、

褒めるってどうなの?と思った方は、

褒め言葉を付けずに、

「ランドセルから宿題出せたね」

だけでも、子どもの行動に注目していることになるので、

効果はありますよ。

 

宿題をし始めるまでの流れを

もっと細かく分けることもできますが、

細かくしすぎると、その度に言われるお子さんは

もしかしたら、うっとうしいかも…。

 

流れを細かく分けれた時は、

お子さんがどこでつまづきやすいかを考えて、

褒めるポイントを決めてくださいね。

 

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

 

リンク ママカフェって?

リンク ママカフェ 個別で出張できます

お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事