学校に行きたくない、

または行きたくても辛くていけないといった理由で、

不登校になりそうな子どもがいる場合、

「休める」権利を見える化して、

「休んでもいい券」
を作ってみるのも1つの手です。

広島弁のダジャレみたいになってしまった…。)

 

 

券を使う時には「学校に行かなくても、見守ってるからね。」

などのメッセージを付け加えて、

「学校へ行かないといけないんだろうけど…」という

子どもの後ろめたい気持ちに寄り添ってくださいね。

 

子どもの「学校へ行きたくない」気持ちを、

親が100%受け入れるのは、初めはほぼ無理だと思います。

ただ、親の「なんで行かないの?」という不安、焦りは、

子どもに伝わり、子どもはますます学校へ行きたくなくなるという

悪循環に陥ります。

しんどかったり、気持ちが外へ向かない時に、

「体調を崩さない限り、休んじゃいけない」と言われるよりは、

「自分の好きな時に、1回休める」権利があると

気持ちがラクになりませんか?

実際には休まないとしても。

 

「いつでも学校を休むことができる」という気持ちは、

子どもの心に余裕を持たせることができます。

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事