勉強や書き写しする時の教科書やテキスト、

どこに置いていますか?

書くモノの上側?

それとも左右のどちらか?

 

オススメなのは、

ズバリ!

書くモノに対して上側!

 

眼は、左右に動かすより、上下に動かす方がラクに動かせます。

見える範囲も、左右より上下の方が広くなっています。

 

実際にやってみると分かるのですが、

上側にモノを置いた時は、

顔を動かさなくても目の動きで見ることができますが、

左右にモノを置くと、

目の動きだけでは足りず、少し首が動かす必要があります。

 

上側に置くときは、下の写真のような書見台を使うと、

もっとラクに見ることができて、場所もとりませんよ。

 

 

発達マイノリティの中には、

目を動かすことが不器用な人もいます。

( url 発達マイノリティって? )

 

発達マイノリティの不器用さは、

手足を動かす行動だけに見られるものではありません。

 

何度も教科書の同じところを見たり、

ぎこちない見方をしていたり、

「ん?」と感じたら、

モノを置く位置を変えて試してみてくださいね。

 

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

 

リンク ママカフェって?

リンク ママカフェ 個別で出張できます

お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事