帰省で地元に帰る人が多い年末年始。

親戚の集まりや同窓会など、

日頃会わない人と話す機会がグッと増えますね。

 

あまり話をしたことがない人を目の前にして、

「何を話せばいいのか分からない」

「会話が2往復くらいで終わってしまう」

色々考えてストレスためてませんか。

 

 

「話を続けたいけど、どうしたらいいの?」

と思った時に、ちょっと試してもらいたい3つの方法があります。

 

相手の話したことに対して、
①「事実」を繰り返す
②「感情」を繰り返す
③ 要約して繰り返す

 

この3つのどれかをする(組み合わせてもOK)だけです。

この方法は「バックトラッキング」と言われる方法で、

「オウム返し」と似たようなものです。

 

このバックトラッキングを使うことで、

相手は、自分の話を聞いてくれていると感じることができ、

こちらのことを「聞き上手」な人だと思うようになります。

 

例えば…、

①の「事実」を繰り返すのであれば、

 相手「昨日、面白いことがあってね!」

 自分「面白いことがあったんですね。」

 相手「○○○だったんだよ。」

 自分「○○○だったんですね。」

 

②の「感情」を繰り返すのであれば、

相手の話の中に出てきてた感情を繰り返します。

 相手「欲しい物がラスト1個でなんとか買えて嬉しかったんだよ。」

 自分「嬉しかったんですね。」

 

「ラスト1個で買えて嬉しかったんですね」もアリですが、

少し長くなってしまうので、話をしたい方からすれば、

もどかしさをちょっと感じるかもしれません。

 

このバックトラッキング、

便利ですが多用するのはオススメしません。

やりすぎると相手が違和感を感じ、

自然な会話ではなくなります。

 

会話のきっかけや、

相手の会話(ネタ)を引き出す方法として使ってみてくださいね。

 

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

 

おせちも凝ったモノは作らず、

実家に帰るといっても、

車移動で泊まりがないので、

いつもやっていることと変わりなく、

ホント、年末年始感が全く無い…。

 

だからいって、

年賀状を書ききってない理由には、

なりませんけどね…。

 

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

 

リンク ママカフェって?

リンク ママカフェ 個別で出張できます

お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事