親が子どもに「大丈夫?」と声をかけたくなる時は、

いつもと違う大丈夫じゃない雰囲気を醸し出している時。

親は、その雰囲気を感じ取って不安になり、

その不安な気持ちを落ち着かせたい心理が働きます。

 

子どもに何もない場合、

親から「大丈夫?」と聞かれても、

「え、何が?」といった感じになりますよね。

 

親から「大丈夫?」と聞かれたら、

大概、子どもは「うん」とか「大丈夫」とか答えるでしょう。

その言葉を聞いて、親はとりあえず安心するわけです。

 

心配された子どもは、

「親を心配させたくない」

「弱い部分を受け容れてもらえないかもしれない」

様々な気持ちを抱えます。

その結果、親の安心する言葉を選びます。

 

「大丈夫」という言葉は、肯定形で使えば、

子どもの自己肯定感を高めるマジックワード。

疑問形の「大丈夫?」ではなく、

肯定形の「大丈夫!」でどんどん使いましょう。

 

 

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事